レスベラトロールと動脈硬化

 

レスベラトロールは、スチルベノイド(スチルベン誘導体)ポリフェノールの一種です。赤ワインに多く含まれているポリフェノールの一種であり、レスベラトロールを摂取することで、多くの健康に良い効果を与えるとされています。
レスベラトロールは、動脈硬化の改善にも良い効果をあらわすとされています。日本のワインの大手メーカーのメルシャンと奈良女子大学の共同研究によって明らかにされ、注目されています。レスベラトロールを長期間摂取し続けることと、動脈硬化予防との関連性についての研究をした結果、血液中の悪玉コレステロール(酸化LDL)の量を減少されたことが確認されました。悪玉コレステロールが減少したことにより、血管の炎症を大幅に減らすことができ、動脈硬化を引き起こしにくくなったことが確認されました。高カロリー状態で、血管に悪玉コレステロールが多い状態でも、悪玉コレステロールの減少が確認されたため、さまざまな病気の予防をすることができます。ワインを多く飲んでいるフランスの人が血管に関する病気が少ないこともデータとしてあり、レスベラトロールをワインやサプリメントで摂取することによって、健康寿命を高くすることが期待できます。